脆弱性診断やISO9001取得でビジネスを加速【目指せ国際企業】

セキュリティ

ウイルスの駆除

新しいウイルス対策システム。振る舞い検知

システム

近年はインターネットを通じてさまざまなコンピューターウイルスが蔓延しており、安全にパソコンを使うためには、その対策が重要視されています。従来のコンピューターウイルスに対する対策は、ウイルスのパターンが定義されたファイルと実在するファイルを参照しそこに合致するものがあれば、ウイルスを判断するというものですが、この場合には定義ファイルが古い場合や新しいウイルスの場合には検知できないものです。そのため、いち早く検知するシステムとして登場したのが振る舞い検知です。 振る舞い検知では、パソコンを監視し通常のプログラムとは違う動きをするものを危険な動きと判断して、その作動を止めるというものです。これにより定義ファイルが古くてもウイルスの動きを止めることができます。

振る舞い検知を導入する費用について

振る舞い検知は、今やほとんどのウイルス対策ソフトに搭載されている機能です。パソコン1台1台に振る舞い検知をする場合には、ウイルス対策ソフトを導入することで可能になります。 ウイルス対策ソフトの価格の相場は、メーカーによって異なりますが、標準的なソフトウェアでは1年間の期限付きソフトウェアで5千円程度となっており、月々に換算すると420円ほどになります。また3年版も多くあり、その場合には大幅に割引され1万円ほどになり、お得です。一部のソフトウェアでは機能を限定したものであれば、更新料無料のものもあります。 また更新もインターネットからオンラインで行われるので、ネットに接続することで最新のセキュリティの状態にすることができます。