脆弱性診断やISO9001取得でビジネスを加速【目指せ国際企業】

セキュリティ

理由を知る

脆弱性対策が必要ないくつかの理由

男性

コンピューターを動かすのはソフトウェアが必要ですが、ソフトウェアも人間が作ったものですので、作り間違いや不備がないとは言い切れません。ソフトウェアの不備や欠陥を脆弱性といいますが、欠陥ですからそのまま使うのは危険です。ソフトウェアの不備を狙った、コンピューターシステムを利用した犯罪に利用されないようにする対策を、脆弱性対策といいます。脆弱性が発見されたコンピューターをそのまま使うのは、データが盗まれたり、使用者本人の個人情報などが危険にさらされるだけでは済まないことがあります。遠隔操作で操られて、他のコンピューターを攻撃する道具として利用されることもありますので、早急な脆弱性対策は必ず必要です。

専門家の用意した脆弱性対策の利用

脆弱性対策のほとんどは修正プログラムを用意するすることで行われます。修正プログラムが出た時は早急に適用することが必要ですが、それだけですべての脅威を取り除くことはできません。修正プログラムができるまでには時間がかかりますし、サポートが終了した古いソフトウェアや基本ソフトを利用している時には、修正プログラム自体開発されないこともあります。脆弱性の恐怖からコンピューターを守るためには、常に最新のソフトウェアを使うことが望ましいと言えます。修正プログラムが適用されても、またすぐ次の欠陥が発見されます。最近のソフトウェアは大きくなっていて、いくつも不備が隠れている可能性もありますから、脆弱性対策にも終わりはありません。